« 2013年12月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年3月

2014年3月 5日 (水)

二種目のおひなさま

3月2日は、毎年作る和紙のひな人形です。さくら日本語学校の学生15人が参加しました。

この日は、DRT2とHTV7のテレビの取材がありました。

この3日間毎日どこかの時間に放映されましたが、わずか2分のできごと。あっという間に終わっていました。

Dsc02867

参加の学生がつくったもの、かわいいでしょ!!

Dsc02815

Dsc02839

男の子も参加。うれしいね。

Dsc02871

Dsc02892

すべて和紙で作った雛飾り。

日本で私の家の近くの人の作品です。すごいでしょう。

その最上段のお雛様だけを教わって、つくりました。

Dsc02895

今年のお雛様 2種

今年もお雛様つくりをしました。

2月24日は着物地を使ったお雛様つくりをしました。

これは、私が日本でブリザーブドフラワーを習っていて、2月の作品についていたものです。

Dsc02882

この下にある人形がかわいいこと!

Dsc02755

それで、つくろー、と例のごとく軽率に考えてしまったのが運のつき。これで、さくらフレンズカフェの手作り教室をしたい、と思うのだがのだが、さて、どう作ったものか、どう教えたら教えやすいか、それが問題。それからが四苦八苦の物語で、4,5日あーでもない、こーでもないを繰り返し、何とかやっとやっと完成!

Dsc02754

どうですか?かわいいでしょ!!

絹の和布はボンドでつけるのは困難で、すべて両面テープのワザ!小さいだけに、細かい作業は大変!

この日の参加者は、ダナンの日本人女性とその友人のベトナム人8人でした。

どれも、個性的なかわいいお雛様たちでしたね。

Dsc02792

Dsc02785

Dsc02781

お雛様を飾ろうとしたら、だんかざりにしよう!と。さすが、皆さんアイディアがすばらしい!!

Dsc02790

Dsc02750

 

タンニン新聞を読んで、寄付を下さった方

昨年12月にベトナムの「タンニン新聞」に、さくらフレンズカフェや私たちが支援している「希望の村」についての記事がのっとことは、このブログでもお知らせしたのですが、その後日談です

おととい、ベトナムの女性が二人さくらフレンズカフェに見えました。その方のホーチミンにいる友達が「タンニン新聞」を見て、共感してくださり、「希望の村の活動に寄付したい」といい、ダナンにいる友達に200万ドンを送ってくださったのです。

会ったこともないベトナム人からそのように温かい気持ちを寄せて下さり、さくらフレンズカフェのスタッフ一同大感激でした。...

そのお金は姉妹店の縫製工房「アートさくら」で布の在庫をしまっておく棚を買わせていただくことにしました。アートさくらも希望の村の聴覚障害の卒業生が働く場で、いろいろな方に注文のご協力をいただいていますが、今まだまだ赤字です。
棚もなかなか買えませんでした。ほんとにありがとう。!
Dsc02881

« 2013年12月 | トップページ | 2014年8月 »