« 2013年6月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月

2013年12月13日 (金)

調子に乗ってクリスマスリースにも挑戦!

12月12日、前回のクリスマスグッズで調子に乗ったみなさんは、今度はクリスマスリースにも挑戦。

先生は、アートフラワーの講師をされていた鈴木知子さんです。多才な方で、いろいろ教えていただいています。

Dsc01738


Dsc01741


Dsc01745

さっそくカフェのクリスマスのかざりに!

ちなみに来ている洋服はカフェの姉妹店「アートさくら」制作です。

Dsc01750_2



素敵です!手作りのクリスマス飾り

12月2日、さくらフレンズカフェで手作りのクリスマスオーナメントを作りました。一つはクリスマスドール。二つ目は、松ぼっくりで作ったクリスマースツリーです。

クリスマスドールは、日本で、洋裁を習い始めたところで、教えていただきました。かわいくて、人気です!

二つ目の松ぼっくりは、幼稚園の先生だったという鈴木知子さんが先生です。Dsc01597


Dsc01592


Dsc01603

一人一人、個性的なかわいい人形ができました。

Dsc01607


Dsc01605


Dsc01607_2


Dsc01605_2


Dsc01611

松ぼっくりでクリスマスツリーを作ります。

Dsc01617
なんだか、森の中にいるようなファンタジーな気持ちになりました。

Dsc01619

31回ベトナム料理教室でおはぎ登場!

11月27日、さくらフレンズカフェでベトナム料理教室を行いました。

このベトナム料理教室、オープンから毎月続けられ、なんと今回は31回目です。生徒は、在住の日本人女性(日本語ができるベトナム女性もいます。)で、先生は、さくらフレンズカフェのベトナム人スタッフ(「希望の村」出身)。

今回のベトナム料理は「ココナツジュースのブタの角煮」。それにデザートとして日本の「おはぎ」が登場。

よく続いているなあ、とわれながら感心しますが、もともとこれは、在住の日本人女性高野有貴さんの発案によるもので、彼女が日本人女性に声をかけてくれているおかげで、この回数になった、といっても過言ではありません。

高野さんはベトナムの日本語ガイドブック「スケッチ」で働く二児のお母さん。元気バリバリで、いつもいろいろなアイディアを出してくれます。

ダナンの日本人女性は、いま、20人くらいと思いますが、さくらフレンズカフェにおいでくださる方も多く、よく交流して楽しんでいます。旅の方でもどなたでも、どうぞ、ご参加ください!

Dsc01546
「希望の村」出身のスタッフ。トゥイさんが「ココナツのブタの角煮」を教えてくれました。

Dsc01552

あんこは、さくらフレンズカフェが3年かけて苦労して作り上げた秘伝のあんこです。地場の小豆は、炊いてもたいても、何か、固く、白っぽくなってしまうのです。

もち米は、お客さまが、ご自宅で、たいてくださったものでした。

Dsc01550

この日、ダナンで納豆を作ってくれている森田さんが、納豆を持ってきてくれました。

あらかじめ注文したものですが、飛ぶように売れます!

久しぶりのダナン!

このブログの主な書き手のわたし(竹内みどり)が、事情で、日本に5か月も滞在し、久しぶりのダナンで、ブログも途絶えがちで、失礼しました。

ダナンの海、バイクの洪水、さくらフレンズカフェのお客さん、スタッフの顔、顔、みんな、懐かしいことかぎりなし!!でも街は、少しずつクリスマスバージョンに切り替わりつつありました。

Dsc01591

さくら日本語学校、アートさくらの門にも、ツリー登場!(12月12日)

Dsc01753

さくらフレンズカフェも壁にクリスマスグッズ

Dsc01750

これは、ダナン在住のフラワーアレンジメントの先生、鈴木知子さんに教えていただいて

作ったものです。(ここで、この講習会をしてもらいました。別便でご紹介します。)

Dsc01753_2

Dsc01749

この飾りは、日本でつくってきて、運んできました。きれいでしょう!!とスタッフに自慢しているのですが、どうでしょう?

« 2013年6月 | トップページ | 2014年3月 »