« ダナンに桜満開 | トップページ | 作業所「アートさくら」6人になりました »

2013年4月18日 (木)

アートさくら、開所しました!

さくらフレンズカフェは、子どもたちの養護施設「希望の村」の子どもたちとともに働く交流スペースだ。NGO[日本ベトナムフレンドシップ」が運営している。

その日本ベトナムフレンドシップが、今度は希望の村の聴覚がいの子どもたちと、「アートさくら」という名の縫製を中心とした作業所を開いた。

希望の村の聴覚障害の子どもたちは、卒業してもなかなか仕事がない。以前から、このことが、とても気がかりだった。自身も卒業生で、以前、縫製を「希望の村」で教えていたHIENさんという女性ががホーチミンから帰ってきて、「卒業生に縫製を教えてもいい」といい、この話は、一気に前に進んだ。

1年も、2年も準備して、と言いたいところだが、準備時間は、ほぼ1か月。今年卒業したろうの子どもたちは、皆、家にいて、案の定誰も仕事をしていなかった。みな、顔を輝かせて、「縫製をやりたい!」といい、親もぜひにと、いうことで、トントンと話が進んでいった。

Img_6548 親御さんも、ほっと、うれしそうに!

まず、HIENさんがミシンを希望の村から借りてきて、作業台をつくってもらい、カフェのこどもたちと住んでいる家が作業所となった。大家さんも、そういうことならと、この家を作業所とすることを、許可してくれたのだ。

さて、初日は4月の15日。まず、サーさんとリエンさんのふたり、小さな小さな作業所が始まった。子どもたちの嬉しそうな顔、親御さんたちの、ほっとした顔、、、、。

Imgp8702

                    同じ「希望の村」出身、 HIENさんが子どもたちにおしえてくれる。

二回目には、もう一人のリエンも加わって、3人となる。

さくらカフェの知人たちが、注文を次々に出してくれて、まずは、順調にスタート。みなさん、ありがとうございます。今後もよろしく!

Imgp8704

三人でスタート、小さな小さなアートさくらの作業所だ。

Dsc06463

日本式保育園の園児の帽子が、初めての注文だ!ありがとう!

« ダナンに桜満開 | トップページ | 作業所「アートさくら」6人になりました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444720/51285476

この記事へのトラックバック一覧です: アートさくら、開所しました!:

« ダナンに桜満開 | トップページ | 作業所「アートさくら」6人になりました »