« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月 1日 (日)

フレンズカフェでダンバウ(一弦琴)教室はじまりました

さくらフレンズカフェでダンバウ教室を始めました。

みなさん、ダンバウをご存知ですか。ベトナムの伝統楽器として、もっとも有名なもののひとつです。

細長い木の箱の端に水牛の弓をたて、そこに一弦の線をはり,バチをはじいて音を奏でるのです。かつては、この弓にひょうたんをつけて共鳴させて音を増幅していたようですが、今は電気を使います。

その音は、えも言われぬ深い哀愁のある音色で、聞くものの心に染み入ります。

私(竹内みどり)は、2006年、日本でこの音楽を聴く機会があり、すっかり魅せられ、その年ダナンに駐在することになったとき、どうしても習いたいと、駐在早々ベトナム人の先生を探して、1年間習い、その後日本でも先生を見てつけて、なんとか習い続けてきました。

オープニングのパーティで、恥ずかしながらベトナム人の前で、弾くことになり、というか、ひくと言いはり、「漂う小舟」というベトナムの曲をひきました。

それを聞いてくださった日本人の方が何人かが、一弦琴は難しいと思っていたけれど、竹内さんが弾けるなら、誰だってひけるわ、ということで、習いたいという人が何人かでて、さくらフレンズカフェで教室を開くことになったとわけです。

さくらフレンズカフェは「文化の交流の拠点」のつもり満々でいますので、この教室を喜んで開くことになりました。

現在生徒は6人。日本人5人、ベトナム人1人です。

興味のある方は、どうぞ、声をかけてください。

さくらフレンズカフェ 0511-375-2446

P1020476

先生はフーンさん

P1020483

1回目でかなりいい音が出ていました!

P1020480

「いい音」だしにこだわって、何度も何ども練習。


クリスマスライブ&パーティ クリスマスムード満載!

12月18日、さくら日本語学校とさくらフレンズカフェの共催で「クリスマスライブ&パーティ」を開きました。100人くらいのお客様が見えました。

1週間くらい前から、門にはツリー、さくらフレンズカフェの中は、装飾をこらし、前庭には真っ白い雪??が降り、すっかりクリスマスムード満載。

当日は、10組くらいのグループが歌ったり、演奏したり、サンタも登場、クリスマスプレゼントの交換もあり、楽しいひと時でした。

Img_4537

12月になるとスタッフがクリスマスのための装飾を始めました。

装飾は、ベトナム人は、いつも楽しく、そして、上手ですね。

Img_4572_3

こういうことが大得意のゴックは手作りでクリスマス装飾を始めました。


P1020564

80の席は、立ち見もでるほどに、たくさんのお客さんが見えました。

P1020574

さくら日本語学校の生徒によるクリスマスメドレー

P1020580

ホイアンのグループ。Vyさんの歌う「美しき昔」はチンコンコンの曲で、天童よしみ、加藤登紀子らが日本語で歌っている。、鈴が鳴るように細く高く美しいVyさんの声が、聞くものの心を深くとらえます。彼女はチャンスがあれば、歌手になれる!!(もっとも、すでに、さくらフレンズカフェの専属の「歌手」なのですが・・・」


P1020584


P1020588

ホーチミンから若者も応援にかけつけてくれて。


P1020601

さくらフレンズカフェは毎週土曜日に日本の歌クラブをやっています。そのメンバーが「手紙」と「クリスマスイブ」を歌う。


P1020615

ライブの後は、パーティ。


P1020623


サンタさんによるクリスマスプレゼントの抽選会とプレゼント交換がありました。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »