« 交流カフェでベトナム料理教室! | トップページ | »

2011年3月21日 (月)

折り紙と汗

交流スペースで、3月12日、折り紙教室を行いました。講師は、伊藤慶子さん。こちらに赴任されている夫の伊藤修博さんのところに来られた折に、たってのお願いと来ていただきました。やりたいと申し出た人が13人もいて、大盛況でした。

今日は、「さくら」と「とり」それに、かわいい容器を作りました。ベトナム人はみなほんとに器用で、すごく熱心で上手につくっていましたよ。

みな、見本で持ってこられた「ドラえもん」に関心をもち、「つくりたーい」と。こちらでは、「ドラえもん」の漫画がテレビでオンエアーされて、大人気。でも、それは難しいそうで、また、次の機会ということでした。

<折り紙こぼれ話>

☆☆折り紙はベトナムでもときどき見かけるのですが、日本の折り紙はベトナムで昔から有名です。それがわかったのは、私がそのことでテレビに出たという、事件!が起こったから、多分そうなのだろうと思ったのでした。

何年か前のこと。さくら日本語学校で日本文化の紹介というダナンの何かのテレビの番組の取材が入り、私もインタビューされました。私がやっていた「子どもの日本語教室」のことを話したかったのに、それはほとんど聞かれず、ひたすら「折り紙」のことでした。

私は折り紙のことなんか、何も知らない。鶴だって、折るたびに「どうだっけ」と途中で???となるしまつだ。それでも、ながながインタビューされ、やっとの思いで「家で、おばあさんにおしえてもらった」「日本の幼稚園でも、みんな教えている」「折り紙は日本の家庭で伝承される紙の芸術だ!」・・・???などなど、あやしい「折り紙物語」をぶちあげ、汗みずくでインタビューに答えたのでした。

放映では、いくつもあった日本文化の紹介でしたが、私のしたり顔の「折り紙」話が長々、画面にえんえん続くではありませんか!日本折り紙協会?の人がみたら噴飯もの、放映のテレビを見ながら、冷や汗たっぷり1リットル、でした。これは、折り紙にまつわる、私のトラウマとなりました。

ところで、3月12日の折り紙教室での通訳が30分ほど遅れ、私が、ベトナム語で通訳をやる羽目に。これも、冷や汗がだらだら。折り紙といえば、なぜか「汗」がでてきます。

2011_0315vietnam2010120016l

伊藤先生と講座に参加した皆さん、手前にある鳥がまず作られました。

2011_0315vietnam2010120023l_3

自分の作品をもって、はいポーズ!

 

今日のの作品です

Img_3569l

これをどうやって作る?先生の作品を見ながらみな、研究中。

Img_3563l

みんなが、これを作りたいと大人気!先生の作品です

Img_3577l

« 交流カフェでベトナム料理教室! | トップページ | »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444720/39311725

この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙と汗:

« 交流カフェでベトナム料理教室! | トップページ | »